2009年09月30日

林栄一という音

hayasieiiti.jpg

先日2度目の林栄一さん(As)との共演をさせて頂きました。
しかも3DAYS!

思えばサックスを吹き始めた5、6年前頃に「なんじゃこらっ」と衝撃を受けたアルバムが林栄一&片山広明(Ts)のデガショーだった。
デガショーのアルバムは買い漁り本当に毎日良く聴いた。マジ効いた。
MAZURUも。

それから時を経てサックスヒーローの対象は別の方角へ移っていったのだが、今回の共演で林栄一という大きな存在を再認識した。

そして自己の表現力の乏しさを痛痛痛痛感。
悔しさを噛み締めた。

林栄一は奥深かった。

林さんはサックスを手にして間もなく50年になるそうです。
50年の歴史を感じます。

俺、丸6年・・・ははは

+++++++

演奏は、どインプロや曲(テーマ以外は結局どインプロ)というわけで、
いってみればナーダムにしてもインプロだったわけですが、
何故かスタンダードを感じた。もちいい意味で。

コントロールされたフリーな音群。
フリーなのにスタンダードな安心感。
かといってバップフレーズ大放出では無い。
でもその中にスタンダードのルーツを感じる。
スタンダードから培われたもの。林栄一という職人に調理された音。
はらひれはれほれ。。。。。

+++++++

文章でこの感じは表現出来ないのでやめよう。
脳と脳でブルートゥースか赤外線通信出来れば正確に伝わるやもやも。

+++++++

今回の3DAYSで新しい気付きを沢山授かった。
打ち上げの席で不意に真剣に林さんがくれたサックス吹きとしてのアドバイスは、
まさに今回の共演で自分が、これからの自分に必要だと強く感じていた事と全く同じだった。
この内容は秘密。
これからの方向に確信を得ることが出来た。

ありがとうございました。

++++++++++++++++++++++

そして。いつも貴重なチャンスをくれるべんちゃんに感謝感謝感謝。

posted by nobulog at 09:40| Comment(3) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

2009.3.29の夜

200903301046167548-0_3_b.jpg 200903301046167548-0_2_b.jpg

沼直也×藤原大輔DUOの前座

久々のノブベン。二人で演奏するの昨年12月以来。
自分としては1月のピットイン以来。

ひっさびさのLIVE。
ノブベンに曲はないが、なんとなくノブベンのスタンダード的な流れがあって、今回もその流れに。

ひっさびさにしっかり吹いたこともあって唇プルプルになって、大丈夫かなあ。と心配したりしたが、なんとかなった。

今まで演奏に抱いていた気負い無く吹くことが出来たと思う。

ノブベンでもっともっと壮大な世界観に挑戦していきたいと思う。
べんちゃん宜しく。

そんでもってクールな本編スタート

ん〜さすが沼さん。タイトでグルービーだ。
ん〜さすが藤原さん。このフレーズ感は独特だ。

で、アンコールは4人全員で。

楽しかった。

あ〜。俺は演奏するの好きなんだなあ。と思った。

+++++++++++

今日の唇はいい疲労感
posted by nobulog at 18:38| Comment(1) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

お寺の話ね

昨日は富山市・蜷川の最勝寺でのシンポジウムに伴ったLIVE。

紙芝居や雅楽やダンスなんかがあってノブベンあって林栄一・川嶋哲郎DUOありっていう内容。

P1000059.JPGP1000060.JPGP1000061.JPG

最後は林さんのお声掛けにより共演させていただいた。
サックスを吹き始めた頃に林栄一・片山広明のデガショーに出会い、来る日も来る日も聴いていたので、とても嬉しい共演だった。

+++++++++++++++

今日も明日も吹き続ける。
只それだけが未知を開くんだなあ。
posted by nobulog at 20:01| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

金うんぬんではない。

瓦屋げんちゃんの結婚式の二次会で祝いのSOLOを吹いてきた。
友人の女の子からサプライズで頼まれての登場だった。
皆が新郎新婦を喜ばそうという気持ちが伝わってとても良かった。

サプライズで登場する際に間違えて隣の別のパーティー会場に入っていってしまったのはリアルなサプライズでコレまた面白かった。

二次会でのSOLOは何度もやってきたが、もっともっと会場の心を動かすSOLOが吹きたいと吹き終える度に思う。

+++++++++

オデメトウ!
posted by nobulog at 21:21| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

ノブベン・宇奈月

本日、滝沢卓氏主催「中国四川地震チャリティーイベント」(←正式名称知りません。)での久々のノブベン。

時間の制約もあり、全編こじんまりはしましたが、コンサートホールの音周りも心地よく楽しくやらせて頂きました。

来週日曜日は上本町の村門LOFTにてノブベンやります。
本編は安宅さんという弾き語りの方です。
ハンバートハンバートなんかも関係ある方だそうです。

+++++++++++++

ノブ(サックス)とヤマダベン(パーカッション)で

ノブベン です。
posted by nobulog at 18:13| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

武士の姿

戦い尽くした後の耳鳴りが今しています。

不様でもがむしゃらに全力で力の限り。

++++++++++++++++

潔くいけ!
posted by nobulog at 03:31| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

そして「生と機械のせめぎあい」@高円寺・楽や

14日は高円寺の楽やで
西村さん(ベース)のエレクトロニクス・ケイ君との新ユニットに鈴木新さん(ss)と共に参加!

サウンドチェック・リハの時はエレクトロニクスがかなりマイナスワンみたいな感じだったので、
これはライブになるのだろうか??
とかなりの不安を抱き、微妙なテンション。

しかし本番スタートでそれは一掃された。
まずは西村さん×ケイ君DUO

倍音豊かな西村さんのアルコに波寄せ、時に鞭打つエレクトロマシン。
小さなつまみを回すのにコレでもかというほど大きなアクションで魅せるケイ君。

二人のエナジーが絡みあいなんとも深みのある世界に!
エレクトロ、悪くないじゃ〜ありませんか。

そこにわたくし、新さんが順に加わり、曲もやったりして1st〆。

2stは西村さん×nobu DUO
縦笛に小物や西村さんのボイスも加わり平安京!?の様ななんとも摩訶不思議な魅惑なサウンドからサックスに持ち替え、時にポップに時にフリーキーに。
西村さんの懐貸して頂きました。

続いて新さん×ケイ君DUO
これは心打たれる壮大なアンビエントな世界になった。
お客さんもそうだが、新さんも何故だか涙が出てきたというほど。

その後は全員で西村さんの曲などを。

++++++++++++

エレクトロニクスマシンといえども、操作する人間の動き、躍動でしっかりと伝わる面があることを認識。

また面白い世界をみさせてもらいました。
posted by nobulog at 14:52| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

騒乱武士@新宿ピットインの話

13日はピットインでの、のなか悟空率いる騒乱武士!
同じステージに、
当日の昼の部には「今村祐司 GROUP」
翌日は「渡辺貞夫クインテット」

気合に手に汗握る。
悟空さんの凄まじいエネルギー!!!
スタートからはちきれんばかりの全力全開!!
これぞ日本のフリージャズ!!という、悟空さんの世界だ。

かの「副島 輝人」氏もご来場。
どれだけ偉大で著名な方なのか、ポッと出の自分には分らないほどの方。
副島 輝人
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%89%AF%E5%B3%B6%20%E8%BC%9D%E4%BA%BA

http://www.japanimprov.com/soejima/soejimaj/index.html

以下、副島氏によるライブ評抜粋
++++++++++++++++++

「俺の血がじゃわめいた。『騒乱武士es』のライヴ。
これは野武士のサウンドであった。音だけではなく、12人のミュージシャンたちは、いずれも一癖ある不適な面構えで立ち並び、その頭目が野中悟空だ。何時か某大新聞の記者が『渋さ知らズ』のライヴを聴きに来て、演奏が始まる前にメンバーたちを見回し「こんな連中に取り囲まれたら、怖いでしょうね」と云った時、不破大輔はニヤリと笑って「ウチは顔でメンバーを入れますから」と答えたものだが、『騷乱武士es』の面々もそれに勝るとも劣らない。

 まずは全員で2〜3分、訳の分からぬ大音声で鬨の声をあげて、それから野武士集団の演奏が走り出す。手にする武器は、野中のDs、西村直樹は EB、野中の一番弟子クラッシーがPercの 3リズムを筆頭に、SS、AS、TS×3、 TB×2、Tuと管の白刃がスポットライトにきらめく。
 曲は総て野中のオリジナルで、民謡や演歌の匂いさえ漂う、いわばドロ臭いものばかり。だが、日本人のジャズだ。アメリカ黒人がブルースをベースにした曲を演奏するのだから、日本人が日本的感性で創られた曲をやるのは当然のこと、いや、それでこそ『日本のジャズ』だ。元々ジャズは、育った土地の泥の匂いがいいのだ。
 以前、野中に「日本人のジャズとは?」と聞いたら、「俺の躯は、沢庵とみそ汁で出来た躯ですよ。その躯でドラムを叩いているんです」と云っていた。

 簡単なテーマが終わると、たちまちフリースタイルに突入し、全員が全身から身魂を叩きつけるように演奏している。沸騰するエネルギーがライヴ空間に充満する。やがて誰か一人がセンター・マイクに進み出て来てソロを取り始める。時にはそこにもう一人、二人が加わって、激烈なフリー・デュオ、トリオともなる。
 特に、鈴木放屁のTSとチューバ(大久保)の暴れ方は凄まじいし、ノイズ中村のASは阿部薫を想い出させてくれる。しかし、エゴむき出しの長いソロを続ける者はいない。皆んな出る処、引く処をわきまえているのだ。もちろん、ソロの順は決められているのではないし、リーダーが指名している訳でもない。メンバーの一人一人がサウンドの流れを読み取って、自分で出番を決めていくというスタイル。

 多人数の即興演奏ということで云えば、少し旧い例だが『グローブ・ユニティ・オーケストラ』の方式に似ている。だが、ここではグローバルではなく、日本ナショナル・ユニティ。日本人のメンタリティがサウンドの奥に透けて見える。個(日本)の確立がなければ、全体 (世界)に繋がらない。それはまた、バンドのトータル・サウンドと、ミユージシャン個人の問題でもある。全体と個の相互フィードバック。だから、まず日本的サウンドとは何かを考えることから出発しなければならないだろう。

 演奏が進んでいく中に、時折、誰かが新聞紙四つ折りくらいの紙を掲げて全員に示し、それを振り下ろすとサウンドが変わる。おやっ、『コブラ』のような? と思ったが違った。そこには2小節ほどの音符が書かれていて、一瞬でユニゾン・リフに変わるのだった。それがまたフリースタイルへと転化していく。『コブラ』などクソ食らえ!! これほど高熱のエネルギーを放射している演奏集団は、今日世界でも少ない。『騷乱武士es』のユニゾンは、一般的なオーケストラに聴かれる整然と揃った横一列横隊ではなく、もっとザラついた感じだが、それがこのバンドではむしろ魅力となっている。奇麗に植え付けられた温室の花壇の花ではなく、荒野に咲き乱れる野草の不敵な逞しさなのだ。荒野の地盤をがっしりと引き受けているのは、切れのいいダイナミックなリズム・セクションで、荒くれ管楽器たちを支え、リードしている。

 この骨太なサウンドは、間違いなく新宿の音楽だ。青山、六本木、銀座、いや渋谷に行っても出会うことはないだろう。新宿騷乱節とは、かなり熱く危険である。だが、前衛とは本来危険なもの。高柳昌行も、阿部薫も、富樫雅彦も、高木元輝も、吉沢元治も、皆んな危険な音楽を演奏して死んでいった。

『騷乱武士es』の熱狂ライヴのエンディングは、祭の高揚で終わる。そして最後に、戦を勝ち取った鬨の声が再び響き渡るのだ。

 野中悟空という男を思う時、彼はいつも片足をジャズの原点に掛けている姿が目に浮かぶ。ジャズの領域での即興音楽の方式は、デキシーからコルトレーンやグローブ・ユニティのコレクティヴ・インプロヴィゼーションに流れ、そして今、日本発の『騒乱武士es』がある。
 このバンドのライヴには、やがて多くの立ち見客が詰めかけるようになるだろう。今日、熱い創造で観客を熱狂させるバンドは本当に少ないのだ から。

+++++++++++++++++++++
抜粋以上。

是非このバンドを、いや、「のなか悟空」というドラマーをもっと一人でも多くの人に観て欲しいです。今後の決定スケジュールです。

5月19日
新宿ウルガ 

5月26日
なってるハウス

6月2日
小岩らんぷ

++++++++++++++++++++

その夜の写真UPしました。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/nobusaxmp3/lst?.dir=/6905
posted by nobulog at 15:44| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

騒乱武士でうちのめされて、そして10 日は鬼怒無月, 早川岳晴, 沼直也と

挑み続けている騒乱武士、今までSOLOやDUOやTRIOの小編成でしか全くやってこなかった自分にとって、

約11人編成、生音!!!という環境は壮絶だ

コレまで通用した音量・表現はもはや蚊の鳴くほども通らない。

喉から血が出るほど、唇が噛み切れるほど叫べば叫ぶほどに今の自分の限界を思い知らされてうちのめされる。

さながら、肉食獣の大狂宴会!!喰うか喰われるか!
弱きは死す!!!!

これでどうだ!と毎回あの手この手で急所を打つべく挑み続ける。

そしてぼろぼろになり、また挑む

喰われてなるものか!己の限界を己で超えるのだ!!!お〜!!!

+++++++++++

そして10日は


村にて 鬼怒無月, 早川岳晴, 沼直也 TRIO

そしてフロントアクトに久々の ノブベン!!(nobu×yamada ben) & 変態ギターのイシカワマサキ!
posted by nobulog at 13:59| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

帰っぞ〜

京都にてベルギーよりのクラッピーと出逢い楽しき夜は時間の経過を感じさせる隙も無くあっという間に過ぎた。

彼らと過ごす内に建前やなんとやらの余計な壁は取り払われてゆく。

なんというのだろうか、対人を愛するというのかどういおうか。

温かい空気に包まれる。

あ〜楽しかった。
フロントアクトの京都の【たゆたう】にもたまげた。
後数日彼らは大阪でライブをします。

行けるのに行かないのは罪。

どんなバンドかって?


素敵なバンドです

++++++++++

飛び乗った電車は今富山へ向かっています
posted by nobulog at 08:24| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

日曜日の話。

各メンバーとは共演あるが、4人揃っては初組み合わせの4人でケーキ屋クロトでの4ステージ。
お客さんは多くはなかったが各ステージに必ず新しいお客さんがいて、LIVEを楽しみケーキを楽しみ。
CDも皆さん買ってくださった。
後半ステージには営業共にする飯野氏がお友達と。
共演者がLIVEを観に来てくれるというのは嬉しいものだ。

皆さんありがとうございました。

LIVEの内容に関しては、

ドラムの猪原のはじけるドラムは相変わらずイマジネーションをかきたててくれGOOD!!

ギター・ベースの二人には、

「もっとお互いの音を空間を感じあってくれ!ボーっとすんな!!!」
とかなりフラストレーションを最後まで感じイライラしてしまった。
気持ちがぬるい!ぬる過ぎる!!

二人が内に持っているものを感じればこその思いだ。
もっとできるんだ。

もっともっといろんな表現が酒場の営業みたいに押さえ込まれずに出来るのに。。。。

どうしていいか判らないってのもあるんだろうけど、そこを打破するのも己だ。

しかし何かしら面白い事はやっていけるだろうと言う手応えも感じられたのも事実である。


次回に強く期待。

+++++++++++++++++

「ストーブとワタシ」が安眠を与えている事を祈る。
posted by nobulog at 21:41| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

はっはっはのは〜♪

昨夜のライブ

ベース T★A★K★A★S★I
ドラム 猪原悠

の二人を迎えて。

猪原の思い切りの良いはじけたドラムに心躍る。
こういうドラマーを富山でみつけられてとても嬉しい。
若干21歳。

+++++++++++

T★A★K★A★S★Iくんに対しては、もっとお互いの呼吸を感じ合いたい部分はあったが、
ガツンと吹けたぞ。
どうもありがとう。

会場には開場前の19時半からお客さんが。
八時半には大入り。
CDも買って下さり嬉しい限り。

来月の最終木曜日は、キトキトのはじけるドラム・猪原悠に加えて
ドラム 本郷卓郎 を迎え、

ツインドラム with nobu

を予定。

全く性質の違うこの二人のドラマーを出会わせての科学反応期待!!

はっははのは〜
posted by nobulog at 15:15| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

昨日とおとといの話さ

昨日は
ムロアヤさん(vo.etc)とまつけんさん(sax.etc)に会いになってるへ
やっぱりアヤさんは天からいらした方でした。
なにやっても天空の世界でした。
まつけんさんもさすがでした。素晴らしいです。
1stは仮称(笑)「むろだてとまつもとと」DUO
2stはnobuお呼び頂き仮称(笑)「むろだてとまつもととのぶと」

こんなに爆笑と感動と感涙のステージを文章で伝えるの無理です。諦めます。

あ〜たまりません

+++++++++++

そして今日
横浜にて悟空さんライブ
終わったあとぶっ倒れちゃうくらい全力全快
命を削るとはこういうことですね

あ〜くらくら くちびる切れそうです 幸せ

++++++++

そのうち富山で・・・・うしししし
posted by nobulog at 11:21| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

おとといと昨日の話さ

おとといは、村長のお導きで元じぶこんのベーシスト三輪さんとのライブ
三輪さんはこの3日前に村に来た時が人前でギター弾き語りをするのが始めてだったとの事。
三輪さんとは初対面で、どんな音楽性を持った人なのか楽しみにいった。
三輪さんの唄、良かった。
1ステージ目は三輪さんとベンちゃんDUOから始まり、わたくし加わり、そして最後に若手ドラムとギター加わりと徐々に賑やかに。
そして2ステージ目は三輪さんベースに持ち替えて、nobu主導でファンキーステージ。
この2ステージ目で1ステージ目では分からなかった部分の、
各ミュージシャンの個性が見ることも出来たので良かった。
ただ、ある意味この日のライブは1ステージ目で完結していたようにも思う。

三輪さんからもっとも学ばせ頂いたのは「取り組む姿勢」
真っ直ぐで、地味だがステージに惹きつける力がしっかりあった。


また三輪さんの唄で吹きたい。

三輪さんはこの後も村に住み込みで(笑)しばらく演奏しているので、是非一度三輪さんの歌を聞くべし!良い!!

********

そして昨日からは東京へ演奏しに来ています。
昨夜は、上々颱風(http://www.mandicompany.co.jp/sst/sst_top_.html)の西やんことにしむらさん主催の大セッションデーにお邪魔しました。

これはにしやんさん率いるホストミュージシャン(ギター・ベース・パーカッション×2・ピアノなど)が次々とあらわる、クラシックピアノ、ボーカル、フルート、サックス、パーカッション、リズムボックス、演歌歌手などなどなどなどといった人々を次々に迎え打つというもの。

※よくあるどこかのさっぶい営業バンドがちんたらちんたら、ただ伴奏して、はい、おしまい。なんて音楽でも何でも無いものではない。

どフリーから演歌までさまざま。
にしやんさんが時にベースを弾き、時にコンダクターとなり、どんな人のどんな演奏も、
なんともドラマチックでワンダフルな音の世界に。
キユーティーハニーを歌った人もいたけれど、ただのカラオケ状態になんかなる分けなく、普通のキューティーハニーで終わるわけなく、会場全体で大合唱!の最高の一体感(もちろんさぶい合唱ではない)!!
スリリングな展開をにしやんさんがバシバシ!!リアルタイムで仕掛けてゆく。

ななななんだこれは!!!これが音楽だ!

こんな夜を毎月やっているなんて素晴らしい。
病みつきになって毎月通ってくる人も居るとのことで、会場はパンパンの満員御礼。

あの会場の躍動感をお粗末な文章では伝え切れないのが悔やまれる。
最後ににしやんさがこんなようなことを確か言った。
「今日はメンバー紹介なんかしないぞ!会場の皆が出演者だ!!」
いえーい!(笑
ホントにそうだった。演奏者がステージを作っているんじゃなくて、会場の全員でステージが出来ていた。

素晴らしき愛情と感動のにしやんワールド。

そんなにしやんさんと、これから一週間の滞在で2回もライブが出来ると思うと最高に楽しみだ。幸せだ。

是非富山にも連れて行きたい。

++++++

そして今日は天からの唄声・室舘彩さんに逢いにゆく。
posted by nobulog at 11:17| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

針穴を射抜く

昨夜は三者三様、針穴を射抜くが如く精神力を研ぎ澄ませ

全身全霊、ライブ後に余力など残さない演奏

すがすがしい

演奏後の放心が心地良かった

このライブを村で出来た事、沢山の人が来てくれた事をとても嬉しく思う

ありがとうございました

++++++++++

足を止める暇なんてちっとも無い
posted by nobulog at 13:26| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

で新宿での夜の演奏は

演奏者全員が命削って渾身の音を放ち続けるまさに、
騒乱・狂演の怒濤の2ステージ

お客さんは身動きすら取れない壮絶な音の世界

タバコ吸って、くっちゃべって、お酒のつまみにしてる余裕なんて無い

強烈なエネルギー

このエネルギーを知らない周りの共演者達に、挑み続ける人達にこのエネルギーを知らせたい

飾りたてる様なひ弱な概念はくつがえされるだろう


そして富山でこんなバンドが組めたら最高だ

+++++++++++++

クダラナイ事やってる暇はねえ
posted by nobulog at 15:41| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

点灯しましたね。

昨夜の点灯式。
スタート5分前、メンバー勢ぞろい。
PAさん無し。サウンドチェック無し。
で「さあ素敵な演奏を!!」みたいに紹介されちゃって、始まったら案の定酷い音響。。。。。。。

あ〜あ   終わった・・・・・

と思ったけれど、さすがベンちゃん!
あれをこうしてこうやって。なんとか聴ける音を作ってくれました。

点きましたね。思ってたよりかなり小さいけれど、ライトが点くとやっぱり雰囲気ある。

外出ついでにぶらりとドウゾ。

しかし、相当昨夜は寒かった。骨の髄まで冷えました。ブルブル。
posted by nobulog at 16:09| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

ありがとうございました。

昨夜はSOLO2周年でした。
たくさんのお客様有難うございました。
金沢からも来てくれて本当に有難う。

これからもSOLOは地味に淡々と続けていこうと思います。
5年、10年先が楽しみです。

では、また来月。
posted by nobulog at 15:19| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

ファンタジアの写真

複数の方が撮影してくださっていた写真をまとめました。是非ご覧下さい。
ありがとう。ファンタジア
http://photos.yahoo.co.jp/ph/nobusaxmp3/lst?.dir=/db9b&.src=ph&.order=&.view=t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/
posted by nobulog at 16:21| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

完・ファンタジア

534088908_4.jpg 534088908_231.jpg 534088908_50.jpg

前日の山間部土砂降りはなんのその。
綺麗に晴れまして。オロロも少なく。

なんと3500人のご来場者様。

どうもありがとうございました。

共演者、スタッフの皆様お疲れ様でした。
posted by nobulog at 15:04| Comment(2) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。