2008年03月12日

おとといと昨日の話さ

おとといは、村長のお導きで元じぶこんのベーシスト三輪さんとのライブ
三輪さんはこの3日前に村に来た時が人前でギター弾き語りをするのが始めてだったとの事。
三輪さんとは初対面で、どんな音楽性を持った人なのか楽しみにいった。
三輪さんの唄、良かった。
1ステージ目は三輪さんとベンちゃんDUOから始まり、わたくし加わり、そして最後に若手ドラムとギター加わりと徐々に賑やかに。
そして2ステージ目は三輪さんベースに持ち替えて、nobu主導でファンキーステージ。
この2ステージ目で1ステージ目では分からなかった部分の、
各ミュージシャンの個性が見ることも出来たので良かった。
ただ、ある意味この日のライブは1ステージ目で完結していたようにも思う。

三輪さんからもっとも学ばせ頂いたのは「取り組む姿勢」
真っ直ぐで、地味だがステージに惹きつける力がしっかりあった。


また三輪さんの唄で吹きたい。

三輪さんはこの後も村に住み込みで(笑)しばらく演奏しているので、是非一度三輪さんの歌を聞くべし!良い!!

********

そして昨日からは東京へ演奏しに来ています。
昨夜は、上々颱風(http://www.mandicompany.co.jp/sst/sst_top_.html)の西やんことにしむらさん主催の大セッションデーにお邪魔しました。

これはにしやんさん率いるホストミュージシャン(ギター・ベース・パーカッション×2・ピアノなど)が次々とあらわる、クラシックピアノ、ボーカル、フルート、サックス、パーカッション、リズムボックス、演歌歌手などなどなどなどといった人々を次々に迎え打つというもの。

※よくあるどこかのさっぶい営業バンドがちんたらちんたら、ただ伴奏して、はい、おしまい。なんて音楽でも何でも無いものではない。

どフリーから演歌までさまざま。
にしやんさんが時にベースを弾き、時にコンダクターとなり、どんな人のどんな演奏も、
なんともドラマチックでワンダフルな音の世界に。
キユーティーハニーを歌った人もいたけれど、ただのカラオケ状態になんかなる分けなく、普通のキューティーハニーで終わるわけなく、会場全体で大合唱!の最高の一体感(もちろんさぶい合唱ではない)!!
スリリングな展開をにしやんさんがバシバシ!!リアルタイムで仕掛けてゆく。

ななななんだこれは!!!これが音楽だ!

こんな夜を毎月やっているなんて素晴らしい。
病みつきになって毎月通ってくる人も居るとのことで、会場はパンパンの満員御礼。

あの会場の躍動感をお粗末な文章では伝え切れないのが悔やまれる。
最後ににしやんさがこんなようなことを確か言った。
「今日はメンバー紹介なんかしないぞ!会場の皆が出演者だ!!」
いえーい!(笑
ホントにそうだった。演奏者がステージを作っているんじゃなくて、会場の全員でステージが出来ていた。

素晴らしき愛情と感動のにしやんワールド。

そんなにしやんさんと、これから一週間の滞在で2回もライブが出来ると思うと最高に楽しみだ。幸せだ。

是非富山にも連れて行きたい。

++++++

そして今日は天からの唄声・室舘彩さんに逢いにゆく。
posted by nobulog at 11:17| Comment(0) | 吹きの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。